GetOn

自動車メーカー一覧

パノス
パノス(PANOZ )は、アメリカの自動車メーカー。正式名はパノス・オート・ディベロップメント・カンパニーという。 主に、スポーツカーの販売とレース参加をしている。


ロータス
ロータス・カーズ (Lotus Cars) は、イギリスノーフォークのヘセル (Hethel ) を拠点とするスポーツカーメーカーである。軽量スポーツモデル(ライトウェイトスポーツ)を主力車種としている。 会社組織の本体はグループ・ロータス (Group Lotus plc ) であり、乗用車の製造・販売を行うロータス・カーズ (Lotus Cars Ltd. ) のもとには、自動車技術に関するコンサルタント業を行うロータス・エンジニアリング (Lotus Engineering ) 部門がある[1]。 1996年より、マレーシアの国有自動車会社プロトンの子会社となっている。


ダイハツ
ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。トヨタ自動車の完全子会社化される予定でトヨタグループ16社のうちのひとつ。 現在のコーポレーションスローガンは「Innovation For Tomorrow」および「もっと軽にできること」。


デュッセンバイエルン
デュッセンバイエルン(英語: Duesen Bayern)は、愛知県名古屋市西区に所在する日本の自動車メーカーの名称及び同社が展開する自動車ブランド[1]。自らの自動車を作るのが夢であったデザイナーのクドウタクヤによって2001年に設立された。彼の自動車のデザインはレトロであり、他メーカーの現行モデルをベースとしている。2009年後半より、BMW Isetta 250、シボレー・コルベット (C1)、フェラーリ・288GTO、日産・スカイラインGT-R、トヨタ・2000GTのレプリカも組み立てている。これらの自動車は限定生産で欧州に輸出されている。しばしばダイムラー・ベンツの略称でもあるDTと略されることもある。


オールズモビル
オールズモビル (Oldsmobile) はランサム・E・オールズが、1897年にアメリカ合衆国ミシガン州のランシングに設立した自動車メーカー「オールズ・モーター・ビークル・カンパニー」のち「オールズ・モーター・ワークス」の略称である。 1908年11月からは現在のゼネラル・モーターズ・コーポレーション (GM) 社の前身企業であるゼネラル・モーターズ・カンパニーに買収され「自動車ブランド」となり、107年間使用されたのち、2004年に廃止された。


フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン(ドイツ語: Volkswagen AG )は、ドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカー。傘下の企業を合わせてフォルクスワーゲングループを構成する。 フォルクスワーゲンは1937年設立となっているが、旧フォルクスワーゲン製造会社は第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立され、会社としては第二次世界大戦終戦後のイギリス軍管理下で改組されたもので、工場と製品設計のみを継承したかたちとなっている。現在では世界119ヶ所に工場を持つ。社名はドイツ語で「国民車」を意味する。


コペル
コペル(スロベニア語 Koper)は、スロベニアの市である。イタリア語名カポディストリア (Capodistria)。クロアチア語名コパル (Kopar)、ドイツ語名Gafers。


ベントレー
ベントレー(Bentley )は、イギリスの高級車・スポーツカーメーカー、ブランドである。 1998年以降はドイツ・フォルクスワーゲングループ傘下となり、同グループのフォルクスワーゲン部門に属する。 [1][2] 名称は創業者のウォルター・オーウェン・ベントレー(以降W.O.)にちなむ。


アウトビアンキ
アウトビアンキ(Autobianchi )は1955年から1992年に存在したイタリアの自動車ブランドで、もともとは1899年設立された自転車メーカービアンキの自動車部門であったが、第二次世界大戦後経営不振に陥り、フィアットとピレリの資金援助で「アウトビアンキ」となった。 フィアットの傘下となったアウトビアンキは、フィアット本体で大々的に導入する前に、小型車の新しい技術を試すパイロット・ブランドとしての性格が強まり、日本でホットハッチとして名高いA112やマツダが輸入し、オートザムでも販売されたY10はその好例である(Y10で初めて採用されたΩサスペンションは、後にフィアット・パンダにも導入された)。 Y10は欧州の一部地域ではランチアブランドで販売され、Y10が生産終了し、後継車「ランチア・イプシロン」に譲ると同時にアウトビアンキのブランドも消滅した。


フェラーリ
フェラーリ(Ferrari S.p.A )は、イタリア、モデナ県マラネッロに本社を置く自動車メーカー、F1等のモータースポーツコンストラクターである。レーシングカー、グランツーリスモ及びスポーツカーのみを製造している。


いすゞ
いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。かつてはゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。


ダチア
ダチア (Dacia) はルノーグループのルーマニアの自動車メーカー。社名の由来はルーマニアの旧称「ダキア」から。


ヤマハ
ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位[1]であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位[2]。 ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。


マーコス
マーコス(Marcos Cars Ltd. )は、1959年にジェム・マーシュ(Jem Marsh 、英国ナショナルフォーミュラーチャンプ)と、フランク・コスティン(Frank Costin [注釈 1])の2人により設立されたイギリスの自動車メーカーである。会社名の由来はマーシュの「Mar」とコスティンの「Cos」を合わせたもの。


デ・トマソ
デ・トマソまたはデ・トマゾ(De Tomaso )は、イタリアの自動車メーカーである。 1959年にデ・トマソ・アウトモビリとして、アルゼンチン出身のアレハンドロ・デ・トマソがイタリアのモデナに設立した。アレハンドロは技術者でも、新事業を積極的に立ち上げることに野心を燃やす実業家でもなく、レーサーとして腕を鳴らした人物だった。2003年にアレハンドロが亡くなり、会社は2004年5月に解散された。その後2009年11月、フィアットの元重役であったイタリアの実業家ジャン・マリオ・ロシニョーロが商標権を取得。2011年ジュネーブモーターショーにて「デ・トマソ」ブランドで新型車を発表、新生デ・トマソとして復活した。 エンブレムはアレハンドロの母国・アルゼンチンの国旗にも使われる「水色・白・水色」の配色に古代エジプトの女神「イシス」を表す象形文字(ヒエログリフ)を組み合わせたもの。アレハンドロは「妻・イザベル」のイニシャルと称していたというが、その主張に従うとアレハンドロ自身は冥界の王オシリスに当たることから、ローマンカトリックのお膝下たるイタリアではタブー視されていた。


アストンマーチン
アストンマーチン(Aston Martin )は、イギリスの乗用車メーカーでありブランドの名称である。正式な社名は「アストンマーチン・ラゴンダ」である。 現在、日本の正規販売店では「アストンマーティン」の表記を用いている。


キア
起亜自動車(きあじどうしゃ、ハングル:기아자동차、Kia Motors Corp.)は、韓国第二位の自動車メーカーである。2012年に270万台、2013年には275万台を販売した。かつてはマツダ、フォード・モーターと密接な関係だったが、1998年の経営破綻を境に現代自動車の傘下に入って以来、現代と密接な関係となり、「現代-起亜自動車グループ(現・現代自動車グループ)」を構成している。2012年6月の時点で、同社の32.8%の株式を現代自動車が所有。生産車種のほとんどが現代自動車の同クラスの車種と主要部品を共有化している。


VEMAC
VEMAC(ヴィーマック)とは、日本の東京R&D・イギリスのヴィーマック・カー・カンパニーの設計によって生まれた少量生産スポーツカー。